強みを知る

どのような強みがあるのか
ザイムパートナーズの事業上の強み、働く上でのメリットについてご紹介します。

 

“既存業務”に捕われない、付加価値の高いサービス

税務チームでは、税金と会計処理のサポートはもちろん、中小企業の資金管理と財務体質の改善を実施。
真の経営者のパートナーを目指して、付加価値の高いサービスを提供しています。

そのため、この規模の会計事務所では珍しく1人あたりの担当件数は15件程。
ただ淡々と目の前の数字を処理していくのではなく、目の前の経営者とじっくり向き合いたい、本当の意味で力になりたい、
一歩先の知識・スキル・経験を積みたいという想いをお持ちの方にとっては理想の環境だと思います。

一方最近立ち上がった労務チームでは、税務チームと共にお客様をサポートすることはもちろん、
派遣業に向けた助成金事業も積極的に展開。売上前年比250%のペースで成長を遂げているチームです。

代表は税理士・社労士のダブルライセンス保有者。
税務・労務双方の足並みを揃えて包括的にサービスを提供することができます。

(今は自身のスキルや経験に自信がなくても、純粋にチャレンジしてみたい!活躍したい!
という気持ちさえあれば大丈夫ですので安心してご応募ください♪)

事業上の強みをより詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

“組織”そして“個人”の成長

創業以来減収なし、毎年110%の安定的なペースで成長を遂げている事務所です。

戦略を持った既存事業強化・新規展開はもちろん、リーダーミーティングや委員会活動など、
組織化に向けて社内の体制作りも積極的に推進しています。

一方、組織としての成長と、働く人一人ひとりの成長は切っては切り離せない関係にあるもの。

会社として、定期的に開催している実務研修はもちろん、eラーニングの導入、日本全国出張OKの外部研修・セミナー受講制度、
書籍の無制限購入制度、資格を目指している人は勉強と両立可能な環境の提供など、個人の成長を積極的に後押ししています。

しかしそこには何よりも一人ひとりの、成長したい、知識をつけたい、経験を積みたいという意識が欠かせません。
専門性を有する仕事であることが大前提のため、日々勉強していくという意志、自ら考え抜く姿勢を持っていることが、
ザイムパートナーズの一員となるためには不可欠な要素となっています。

現場目線の働き方改革

付加価値の高いサービスの提供、生産性の追求、組織と個人の成長を実現するためには、現場目線の働き方改革が鍵となります。

よくメディアでとりあげられている働き方改革は、
トップが考えたことを一方的に押し付けるものが多い印象を受けますがそれでは何も解決しません。
様々な背景を持つ社員一人ひとりが100%のパフォーマンスを発揮できるよう、
それぞれの立場から意見しやすい環境を作っています。

ザイムパートナーズで現在実施されている働き方改革の一部をこちらでご紹介します。

フレックスタイム制度の浸透

その月の歴日数に応じた、所定の労働時間を勤務していただく制度です。勤務日や1日の労働時間は自由に決められます。
(出勤日のコアタイムは10時~15時としています)

例えば、お客様からの問い合わせがない土曜日に出勤して仕事に集中。平日に休んで受験勉強をする、というスタイルも可能です。 

残業はリーダーへの申請が必要

残業が発生しそうなときは、リーダーに申請の上承認をもらわなくてはいけません。

中にはこれを聞いて面倒くさいな・・・と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、
だらだら勤務を続けて生産性が下がる働き方ではこれからの時代を生き抜けません。
そういった背景や想いを持っていることをご理解いただけると幸いです。

やむを得ない残業が発生したときは、1分単位で残業時間を計算し、手当てをしっかりお支払いしています。

繁忙期でも定時退社の意識

法人のお客様がメインのため、会計事務所によくある「確定申告期は終電帰り・・・」といったことはありません。
1年中をとおして、定時退社の意識を徹底してもっています。

もちろん時には残業をせざるを得ない時もありますが、忙しい日はチーム一丸となって乗り切っていく社風です!

より具体的に働くイメージを持ちたいという方は、こちらのページもご覧ください。

環境を知る >> 人を知る >>